本セミナーは終了しました。

サイバーセキュリティに求められる最先端と普遍の“内部対策”

概要

サイバーセキュリティに求められる最先端と普遍の“内部対策”

~機械学習による次世代防御と内部統制強化によって未然に防ぐ情報漏えい対策~

 

ますます高度化している標的型攻撃や、管理者権限などの特権IDを悪用したインサイダーによる情報漏えいを防ぐためには「内部ネットワークで何が起きているかをすばやく検知し、不正な挙動は止める」という対策が重要になってきています。しかしながら異常通信や不正行為が行われていることをリアルタイムに気付くことは容易ではありません。

 

本セミナーでは機械学習による内部ネットワークのリアルタイム監視によって全世界で1,500社を超える顧客のネットワーク内から18,000以上の深刻なサイバー攻撃を検知したEnterprise Immune Systemを提供するダークトレース・ジャパンの重川隼飛 氏にご登壇いただき、ルールやシグネチャに依存しない新機軸のセキュリティ対策についてご講演いただきます。また、NHN テコラスより内部統制の強化によって未然にインサイダーによる情報漏えいを防ぐソリューションについて事例を交えながらご紹介させていただきます。

開催日時 2017.01.26 (木)
15:00~17:30
(受付開始14:30)
申込期間 2017.01.05 (木)~2017.01.26 (木)
対象者
・情報部門ネットワーク管理者、システム管理者
・情報部門セキュリティ担当者
・システムベンダー
・SIer
場所 東京都新宿区新宿 6-27-30新宿イーストサイドスクエア13階
https://nhn-techorus.com/company/access.html#_tokyo
費用 無料
主催 ダークトレース・ジャパン株式会社、NHN テコラス株式会社
定員 50人
注意事項
・定員を超える応募があった場合には抽選とさせていただきます。
タイムテーブル
15:00-15:50

特別セッション

『Enterprise Immune System 〜次世代サイバー防御に機械学習を活用〜』

 

ますます高度化・増加するサイバー攻撃や内部脅威に対し、完璧な防御はもはや不可能です。ダークトレースのEnterprise Immune System技術は、ケンブリッジ大学の専門家により開発された機械学習と数学理論を駆使してネットワーク全体の定常状態を常に把握、リアルタイムに可視化し、異常な挙動や未知の脅威を即検知する、ルールやシグネチャに依存しない新機軸のセキュリティ対策です。

設立からわずか3年で全世界に22の拠点を展開、1,500社を超える顧客のネットワーク内から18,000以上の深刻なサイバー攻撃を検知したダークトレースの自己学習型アプローチについて、最大の特徴である3Dグラフィックによるネットワーク可視化ツールのデモを交えながら詳説します。

 

ダークトレース・ジャパン株式会社

サイバーディフェンステクノロジースペシャリスト 重川隼飛

15:50-16:20

セッション1

『SIRTの視点でみるセキュリティマネジメント』

 

多層防御を進めて堅牢化をはかる一方で、その運用は反比例して負荷が高まっていってしまうのがセキュリティインシデントに対するマネジメントの実態です。月間1,000件もの攻撃と日々戦うNHN テコラスのSIRTがいかに統合管理を進めて運用負荷を下げていくか、Enterprise Immune Systemの活用から考察いたします。

 

NHN テコラス株式会社 セキュリティ事業部

CSIRTマネージャー 黄盛垣

16:20-16:40 休憩
16:40-17:30

セッション2

『事例紹介:霧島酒造が外部委託作業の可視化によって内部統制強化の実現に取り組んだ軌跡』

 

創業100周年を迎えた霧島酒造様は、社内方針として「内部統制とガバナンス強化」が打ち出されました。システムメンテナンスを外部業者に委託している事情もあり、十分な可視化ができていなかった事実を直視したシステム担当者はセキュリティ強化に取り組まれました。本セッションでは霧島酒造様がどのようにしてデータベースサーバーの保護に取り組み、内部統制強化の実現に取り組んだのか、その軌跡をご紹介いたします。

 

NHN テコラス株式会社 セキュリティ事業部

事業企画統括 シニアマネージャー CISSP 三浦康暢